学費を抑えられる

学費を抑えられる理由

通信制大学の学費が通学制よりも安いのは、学習方法が関係しています。通学制は毎日学校に通って講義を受けるため、その分の受講料がかかります。しかし、通信制大学は自学自習が基本です。講義を受けなくても単位を取得できるため、学費を抑えられるのです。また、学校に通う交通費なども抑えられます。通信制大学の講義は主に週末や連休に行われます。長くても3~4日程度なので、通学制よりも交通費を抑えられるのです。学校へ直接出向くことが難しい場合は、オンラインでの講義を受けることもできます。交通費がかからないのはもちろん、一度受講料を支払えば何度でも見返すことができるため、忙しい人でも安心して学習できます。

このように、あらゆる面で費用を抑えられるのが通信制大学のメリットです。

学費についての注意点

学費を抑えられるのがメリットの通信制大学ですが、場合によっては費用がかさむケースがあります。例えば、講義に参加しないと単位を取得できない科目を履修したケースです。必ず受講料がかかるため注意しましょう。また、講義は受けて終わりではありません。講義の最後には必ず試験を行います。この試験に合格しないと単位を取得できません。もし不合格だった場合は、もう一度講義を受け直す必要があります。科目によっては年に2回同じ講義を行うことがありますが、そうでない場合、次の年まで待たなければなりません。

さらに、科目によって受講料が異なります。受講料は日数や内容によって変動します。数千円で受けられる科目もあれば、1万円以上かかるケースもあるため注意しましょう。

教育免許を通信制大学で取得するのは、一般大学に通い難い人にとって便利です。最大のメリットは学費の安さですが、自宅学習が殆どの為、仕事をしながらでも免許取得の為の勉強が出来ます。